カテゴリ:観察日記( 84 )

080301 石神井公園

f0027647_2357181.jpg
ホソバキリガ。トイレの片隅から救出。


f0027647_2358368.jpg
クロテンフユシャク。ウスバフユシャクより遅めに出現。ウスバが公園全体に生息しているのに対し、クロテンは局所的。


f0027647_013615.jpg
ウロコアシナガグモ幼体とその寄生蜂幼虫。寄生されるかどうかは昨秋の段階でのサイズに関連しているようだ。


f0027647_042644.jpg
ラクダムシ幼虫。珍しく外歩きを楽しんでいた。


f0027647_05489.jpg
ニホンヒメグモ幼体体長1㎜、カグヤヒメグモ幼体体長1.5㎜、クサグモ幼体体長3㎜、ウロコアシナガグモ or エゾアシナガグモ幼体体長2㎜。


f0027647_09926.jpg
エサキモンキツノカメムシ。アカスジキンカメムシもそうだが、毎年発生数が大きく変動する。


f0027647_0102866.jpg
f0027647_0105276.jpg
ヒメカラスハエトリ♂♀。今年初。
[PR]
by kjr_shoji | 2008-03-06 00:12 | 観察日記

冬の常連・・・コミミズク幼虫、ウスバフユシャク♀ほか 080103石神井

f0027647_012793.jpg
コミミズク幼虫・・・冬に虫探しというとまずこやつのことを思い出す。


f0027647_0157100.jpg
次にこの子・・・クロスジホソサジヨコバイ。


f0027647_055973.jpg
ウシカメムシ・・・クヌギカメムシが産卵を終える頃から姿を見せ始める。


f0027647_031926.jpg
セモンホソオオキノコ・・・小さくても大キノコムシ。


f0027647_03334.jpg
メダカチビカワゴミムシ・・・小さくても味わいのあるゴミムシ。


f0027647_051628.jpg
ヒメコバネナガカメムシ・・・小さくても味わいのあるカメムシ。


f0027647_053596.jpg
ウスバフユシャク♀・・・やはり冬の主役はこの陸あざらしだ。
[PR]
by kjr_shoji | 2008-01-11 00:23 | 観察日記

ホソミオツネントンボとヤマトクサカゲロウとオオヒメグモと・・・071230石神井

f0027647_15242585.jpg
蜘蛛の網にかかっていたホソミオツネントンボ。

f0027647_15261722.jpg
犯人であるオオヒメグモ。枯葉を用いてかぐや姫の振りをしているが・・・
ふふふ、私の目は誤魔化せない。卵のうは3つあるが出のう率は低いだろう。


f0027647_1531488.jpg
蜘蛛に捕まったヤマトクサカゲロウ・・・自然の摂理か。

f0027647_1533456.jpg
ヤマトクサカゲロウを捕食するオオヒメグモ・・・そう、自然の摂理だ。


f0027647_15351517.jpg
やたらと目につくマダラコブクモヒメバチの繭・・・・・・自然の摂理だ。
[PR]
by kjr_shoji | 2007-12-30 15:19 | 観察日記

070415_2

f0027647_23585798.jpg
f0027647_23591898.jpg
マミジロハエトリ♀♂。急に個体数が増えた。


f0027647_00465.jpg
エゾホソルリミズアブ(多分)。これもこの時期に多い。

f0027647_01166.jpg
で、それを捕食するハナグモ。


f0027647_014328.jpg
コシロカネグモ幼体。


f0027647_02782.jpg
ムネアカアワフキ♂。
[PR]
by kjr_shoji | 2007-04-29 00:03 | 観察日記

070415_1

f0027647_2340185.jpg
アメバチの一種。


f0027647_23421196.jpg
ツバメシジミ。


f0027647_23425231.jpg
ヘリジロサラグモ♂。多分♀探しの放浪中・・・♀とはまったく外観が異なる。


f0027647_23441162.jpg
キリウジガガンボ。水田の様な浅い泥地に産卵するが、樹洞で産卵していたこともあった。


f0027647_23452693.jpg
ハンノキハムシ・・・多い。


f0027647_23464490.jpg
ネグロセンブリ。トビケラに間違われる。
[PR]
by kjr_shoji | 2007-04-28 23:47 | 観察日記

2007年1月 1

f0027647_118557.jpg
ウロコアシナガグモ♂成体。通常は幼体越冬・・・生き残りか早まったのか・・・。0102


f0027647_1191010.jpg
落葉下で越冬していたオオチャイロナガカメムシ。0102


f0027647_1201461.jpg
落葉上にとまっていたカオマダラクサカゲロウ。最近スズキクサカゲロウをまったく見ていない。0103


f0027647_1203216.jpg
サザンカに飛来したセイヨウミツバチ。0103


f0027647_1205868.jpg
日向ぼっこするムラサキシジミ♀。越冬状態のまま動かない集団もある・・・個体差か、越冬場所の違いによるものか。0103


f0027647_1211486.jpg
ウスバフユシャク♂。今年初見。0103


f0027647_1213588.jpg
とんがり頭のクビキリギス。動きは鈍い。0103


f0027647_1215689.jpg
網を張っていたギンメッキゴミグモ。0103


f0027647_1223063.jpg
カレハヒメグモの網には移動中のウスバフユシャク・ペアがよくかかっている。0104


f0027647_1235374.jpg
コナミフユナミシャク♀。少ない。0104
[PR]
by kjr_shoji | 2007-03-07 01:25 | 観察日記

2006年12月後半 4

f0027647_23112313.jpg
炎のウスバフユシャク!・・・羽化中・・・ではなく羽化不全のよう。今シーズン初見。12/29


f0027647_231324100.jpg
f0027647_2313427.jpg
クロバネフユシャクの交尾。今シーズン初見。12/29


f0027647_23144327.jpg
マネキグモ幼体。ソメイヨシノの孫生によく見られる。12/31


f0027647_23162157.jpg
オカメザサ?の根元にいたシャコグモ♂亜成体。


f0027647_23172065.jpg
ケヤキ樹皮下。ヤミイロカニグモ、マダラフクログモ、ハロルドヒメコクヌスト。


f0027647_23184948.jpg
照葉樹葉上に見られたキアシブトコバチ。
[PR]
by kjr_shoji | 2007-02-10 23:20 | 観察日記

2006年12月後半 3

f0027647_2230725.jpg
派手なクモ・・・オオイオリヒメサラグモ。色や大きさはチビアカサラグモなのだが体型が・・・長い間不明種だった。12/23


f0027647_2232155.jpg
地味なクモ・・・ヤミイロカニグモ。名前が地味さを表している。12/23


f0027647_22323881.jpg
ヨコヅナサシガメ終齢幼虫・・・かたまって冬を越せば次の場所には横綱・・・楽なもんだ。12/24


f0027647_22344373.jpg
ケヤキ樹皮下のヒメコバネナガカメムシ。公園内にケヤキは沢山あるが、これがいる場所は限られる・・・毎年同じ場所。ホストはイネ科植物・・・ということ以外不明だが、この場所だけにあるイネ科植物というのも分からない。案外単純にアズマネザサだったりして・・・。12/24


f0027647_22391387.jpg
本来の緑色から越冬色になり始めたヤマトクサカゲロウ。12/24


f0027647_22404858.jpg
こんばんは。12/24
[PR]
by kjr_shoji | 2007-02-10 22:44 | 観察日記

2006年12月後半 2

f0027647_21382724.jpg
ホソヒラタアブ?・・・斑紋切れ。12/23


f0027647_21394758.jpg
ヒラタグモ卵のう内まどい。12/23


f0027647_21403480.jpg
f0027647_2154171.jpg
羽化間もないナナホシテントウ(上12/23)。冬はナミテントウのような集団越冬はしない。ロゼット葉裏や枯れ草下に単独で潜み、暖かい日にはかなり動き回る(下12/24)。


f0027647_2150185.jpg
ヤツデ葉裏のシロホシテントウ。12/23


f0027647_2147115.jpg
シキミ葉裏のシキミグンバイ。ホストの都合により生息場所は寺とか墓地とか・・・。12/23


f0027647_21511111.jpg
f0027647_21513861.jpg
プラタナスグンバイ。プレート裏と樹皮を3枚剥がしただけで、30匹見つかった・・・。12/24
[PR]
by kjr_shoji | 2007-02-10 21:57 | 観察日記

2006年12月後半

f0027647_21224855.jpg
ムラサキシジミと同居するカグヤヒメグモ。12/17


f0027647_21233633.jpg
幽霊はすっかり影を潜めてしまいましたが、ユウレイグモは元気です。12/17


f0027647_2125155.jpg
コナラ樹皮下。ウスキホシテントウ、ヘラクヌギカメムシ卵塊、ネコハエトリ寝袋。12/17


f0027647_21263818.jpg
コヤガ類の連結した蛹殻。よほど場所がいいのか。


f0027647_21275777.jpg
ケヤキ樹皮下。ムツボシテントウとマダラマルハヒロズコガ幼虫ケース。12/23


f0027647_21292917.jpg
f0027647_21295742.jpg
ヤツデ葉裏。ひょうきん茶立・・・わからん。12/23


f0027647_21323127.jpg
f0027647_21325094.jpg
同じくヤツデ葉裏。小さな円網を張っていたヨツデゴミグモ♂亜成体。12/23
[PR]
by kjr_shoji | 2007-02-10 21:35 | 観察日記