「ほっ」と。キャンペーン

080301 石神井公園

f0027647_2357181.jpg
ホソバキリガ。トイレの片隅から救出。


f0027647_2358368.jpg
クロテンフユシャク。ウスバフユシャクより遅めに出現。ウスバが公園全体に生息しているのに対し、クロテンは局所的。


f0027647_013615.jpg
ウロコアシナガグモ幼体とその寄生蜂幼虫。寄生されるかどうかは昨秋の段階でのサイズに関連しているようだ。


f0027647_042644.jpg
ラクダムシ幼虫。珍しく外歩きを楽しんでいた。


f0027647_05489.jpg
ニホンヒメグモ幼体体長1㎜、カグヤヒメグモ幼体体長1.5㎜、クサグモ幼体体長3㎜、ウロコアシナガグモ or エゾアシナガグモ幼体体長2㎜。


f0027647_09926.jpg
エサキモンキツノカメムシ。アカスジキンカメムシもそうだが、毎年発生数が大きく変動する。


f0027647_0102866.jpg
f0027647_0105276.jpg
ヒメカラスハエトリ♂♀。今年初。
[PR]
by kjr_shoji | 2008-03-06 00:12 | 観察日記
<< クロツヤハエトリ コカニグモ 080103石神井 >>