「ほっ」と。キャンペーン

2006年11月後半 5 サラグモ数種、ヒメグモの一種、ムラサキシジミ越冬、クロスジフユエダシャクほか

f0027647_021611.jpg
コバネイナゴはまだ数匹見られた。元気はなかったが・・・。


f0027647_0212359.jpg
f0027647_0213817.jpg
晩秋から初冬にかけて、地表面の窪みに水滴がついているのをよく見かける。これは小さなサラグモ類の網についたもので、網の主はほとんどが体長2ミリ以下。


f0027647_0215530.jpg
シラカシの実に産卵していたヒメバチの一種。おそらくは実に潜む幼虫に寄生するつもりなのだろうが・・・シラカシ?・・・クリ・クヌギ・コナラなどならチョッキリ・シギゾウムシの類いがいるのだが・・・?産卵した実を持って帰ろうとしたのだが、ハチ本体を追いかけていたために実を見失い、挙句に大型犬が来て走り回り・・・orz


f0027647_0221119.jpg
ムラサキシジミの集団越冬。気温が上がった日には飛び回る個体もいる。


f0027647_0222382.jpg
ツマグロオオヨコバイとクロスジホソサジヨコバイ。


f0027647_022381.jpg
灯火に飛来していたミヤマヒメカゲロウ。似た種が多い。


f0027647_029487.jpg
f0027647_0302856.jpg
クロスジフユエダシャクとチャマダラキリガ。11/30初見。

やっと11月まで終わった・・・。
[PR]
by kjr_shoji | 2007-01-04 00:32 | 観察日記
<< 2006年12月前半 クヌギカ... 2006年11月後半 4 チビ... >>