2006年11月後半 3 11/18 アキアカネ、ヤニサシガメ、ツマグロコシボソハナアブほか

f0027647_21263853.jpg
日光浴するアキアカネ。今年のラスト個体だった。


f0027647_212845100.jpg
ホウネンタワラチビアメバチの空繭。風に吹かれ枝先にぐるぐる巻きになっていた。


f0027647_2130462.jpg
アカマツの根元付近にいたヤニサシガメ終齢幼虫。


f0027647_21304678.jpg
落葉上を低空飛行していたオオサビイロモンキハネカクシ アカバハネカクシ。体長約20mmの大型種。飛んでいるところはヒメバチ類が獲物を探しているように見える。この長い後翅、どうやって小さな前翅の中に収めるのだろうか。暫らく見ていたが出したまま・・・あちこち徘徊した後、再び飛んでいってしまった。後翅を出したままのハネカクシ類は何度か見かけているが・・・しまうのは結構重労働なのかもしれない。


f0027647_21404733.jpg
ヤツデの花でよく見かけるツマグロコシボソハナアブ。


f0027647_21434061.jpg
壁面にとまっていたオオケチョウバエ。よく見ると結構美しいのだが・・・あまり発生してほしくない。
[PR]
by kjr_shoji | 2006-12-12 21:46 | 観察日記
<< 2006年11月後半 4 チビ... 2006年11月後半 2 カレ... >>