「ほっ」と。キャンペーン

06.10.01(日)3 ヤマトヒバリ、ウスグモスズ、ヒメスズメバチ、ホタルガほか

f0027647_20555432.jpg
ヤマトヒバリ♂。林縁の下草などでジジジジ・・・と小刻みに鳴く。
※10/22までウスグモスズとしていましたが、デジタルイラスト工房「あかまんま」のあかまんまさんのご指摘によりヤマトヒバリに訂正しました。ちなみにウスグモスズは↓です。

f0027647_1645476.jpg
照葉樹の葉上によく見られるウスグモスズ♂。一見クサヒバリに似るが、後腿節に斑紋がない。翅の様子を見ると鳴いてもよさそうなものだが、♂でも全く鳴かないらしい。以前からその存在は知っていたが北隆館の大図鑑にも載っておらず、ずっと見て見ぬ振りをしていた。虫板で訊いて見たらあっさり答えが・・・知っている人は知っているものだ。


f0027647_2131032.jpg
羽蟻を捕えたワカバグモ幼体。風に揺れて不安定な体勢のようにも見えるが、案外この方が落ち着いて食事ができるのかもしれない。


f0027647_2155259.jpg
ツルボに飛来したキンケハラナガツチバチ♀。ここで見られるハラナガツチバチの仲間では最も大型。敏感なのか鈍感なのか・・・不用意にカメラを近づけるとドテッと花から落ちて、慌てて飛び立つ。


f0027647_21225959.jpg
ヒメスズメバチ。腹端が黒いのが特徴。威嚇性は強いが攻撃性は弱いらしい。石神井公園での個体数は少ない。


f0027647_21241223.jpg
ホタルガ秋型が出始めた。翔んでいる時は白帯が回転しているように見える。


f0027647_21273772.jpg
腹部が大きくなったジョロウグモも見られ始めた。今年こそイチゴミルク(産卵したての卵塊はそんな感じ)を見なくては・・・。
[PR]
by kjr_shoji | 2006-10-06 21:33 | 観察日記
<< 06.10.15(日) ネコハ... 06.10.01(日)2 ウシ... >>