「ほっ」と。キャンペーン

06.04.01(土)晴れ ニッポンヒゲナガハナバチ、ネグロセンブリなど

f0027647_153834.jpg
オオカマキリの二階建てアパート(卵鞘)。二階の住人(住虫)はどこから出てくることやら。


f0027647_155398.jpg
オオユスリカ♂の触角と前脚。触角の繊細さは言うまでもないが、前脚にも細かな毛が生え、それを前方に伸ばしている。詳しい機能は分からないが、前脚も重要な感覚器官となっているようだ。


f0027647_16827.jpg
落葉上にとまっていたルリシジミ。


f0027647_162315.jpg
糸器に卵のうを付けているウヅキコモリグモ。


f0027647_164416.jpg
一面のムラサキハナナ(ショカツサイ)。沢山咲いている割には、チョウ・ハチ・アブの姿が少ない。


f0027647_165968.jpg
ヒメオドリコソウから吸蜜するスジグロシロチョウ。


f0027647_172962.jpg
日当たりのいい場所ではアケビの花が咲き始めた。右側の薄紫の大きな花が雌花で、左の小さな花が雄花。・・・アケビコノハの越冬成虫を見つけられないまま、花の時期を迎えてしまった(>.<;)


f0027647_17552.jpg
タチツボスミレの距にとまっていたヒメドウガネトビハムシ。体長2ミリの小さなハムシで、ノミハムシ類同様、触れると思い切り飛び跳ねる。


f0027647_1151879.jpg
花壇の柵の下にいたオオサビイロモンキハネカクシ。体長20mmを超える極めて大型のハネカクシ。


f0027647_193736.jpg
ボケの花上を翔ぶニッポンヒゲナガハナバチ。
・・・実はとまっているところを写そうとして逃げられたもの(^^;ゞ


f0027647_1102849.jpg
観察池にレンゲソウが咲いた。この花にとまるニッポンヒゲナガハナバチを撮りたいのだが遠~いところにあって・・・。


f0027647_116836.jpg
木道の柱にとまっていたネグロセンブリ。2頭見られたが、すぐに飛び去ってしまった。オナシカワゲラが出て、コカゲロウが出て、センブリが出たのにトビケラ類がまだ見られない。
[PR]
by kjr_shoji | 2006-04-01 20:02 | 観察日記
<< 06.04.01(土)晴れ2 ... 06.03.26(日)曇り キ... >>