イオウイロハシリグモ 図鑑に載っていないクモ

f0027647_17492996.jpg
f0027647_1750115.jpg
この時期、水辺に近い草むらなどでよく見かけるクモがいる。個体数が多く、斑紋も特徴があるため、図鑑を見ればすぐに判りそうなのだが・・・判らない。クモ図鑑を何冊見ても載っていないのだ。2004年に、この不明グモを徹底的に追い続けた。だんだんと身体が大きくなり、背面の斑紋が薄れ始めて・・・徘徊性の大型種イオウイロハシリグモだった。このクモには遺伝的多型があるが、幼体時の斑紋は殆どが画像のパターンと同様のようだ。

* いわゆる『クモ図鑑』には載っていないのですが、野外観察ハンドブックの『校庭のクモ・ダニ・アブラムシ 2001 全国農村教育協会』には「イオウイロハシリグモの一生」が載っています。この本には幼体と成体で別種のように見える「ジョロウグモの一生」も載っています。
[PR]
by kjr_shoji | 2006-03-25 18:18 | 真正蜘蛛目
<< 06.03.26(日)曇り キ... ツマグロオオヨコバイと謎のシャボン玉 >>