03.25(土)晴れ フタテンアツバ、トラフコメツキ、ハスオビエダシャクほか

f0027647_1775892.jpg
茂みの中にいたフタテンアツバ。かなり濃色の個体。警戒心が強く、少し近づくとすぐに翔んで逃げる。
* 「みんなで作る日本産蛾類図鑑」>「蛾像掲示板」にて同定していただきました。


f0027647_1782876.jpg
ムラサキハナナに飛来したナミホシヒラタアブの♀。♂は腹背の横縞がやや異なる。ホソヒラタアブとともにヒラタアブの定番。


f0027647_1784280.jpg
徘徊するササグモの幼体。


f0027647_1793567.jpg
ムラサキハナナから吸蜜するビロードツリアブ。なんか毎年これを写しているような・・・


f0027647_1795072.jpg
オオイヌノフグリの蜜をなめるキンバエ。


f0027647_17101229.jpg
立ち枯れ樹木の穴に収まるオオハエトリの♀。


f0027647_17102747.jpg
落葉上を飛び回っていたトラフコメツキ。


f0027647_17104410.jpg
f0027647_1711433.jpg
糞のそばにいたハネカクシ2種。


f0027647_17114088.jpg
水面に突き出たタチヤナギの枝に円網を張るトガリアシナガグモ♂亜成体。通常は水平円網なのだが、この網はほぼ垂直に張られている。2005年は1個体しか見られず、偶然飛来したものかと思ったが、何とか繁殖しているようだ。


f0027647_1712865.jpg
灯火に飛来していたハスオビエダシャク。黄色味が強くてきれいな個体。


f0027647_17123186.jpg
f0027647_1713599.jpg
樹幹にとまっていたコカゲロウの一種。上が♂で下が♀、翅が曇っているのでともに亜成虫。
[PR]
by kjr_shoji | 2006-03-25 17:07 | 観察日記
<< ツマグロオオヨコバイと謎のシャボン玉 エゾタンポポ >>