2006.02.25(土)うす曇り カメノコテントウ、チャマダラキリガほか

f0027647_22113024.jpg
f0027647_22131223.jpg
木柵上を歩いていた尺取虫。シャクガの幼虫は愛らしい顔をしているものが多い。

f0027647_22134193.jpg
f0027647_22141572.jpg
尺取虫 その2

f0027647_22161513.jpg
尺取虫 その3


f0027647_22245119.jpg
ユスリカの一種を捕食中のウロコアシナガグモ。


f0027647_22172478.jpg
木柵下面に円網を張っていたヤマシロオニグモ茶色型?の幼体。


f0027647_22184195.jpg
「うわぁ~っ」という声が聞こえたような・・・交尾しているクロテンフユシャクの♂が宙に浮いた。もちろん飛翔しているわけではい。急に方向転換した♀に振り回される形になってしまったのだ。どこへ行くかは全て♀が決め、♂はただくっついているだけ。


f0027647_2218229.jpg
テントウムシのサイズ(LL)(M)(SS)。
中央がカメノコテントウで左がナミテントウ、右下のちっこい2匹はクロヒメテントウ。カメノコテントウは大きめの個体で、ナミテントウが小さめの個体なので違いが際立っている。クロヒメテントウは・・・平均的なミニサイズ。カメノコテントウ右上に見える緑色の点はヘラクヌギカメムシの1齢幼虫。

f0027647_2219744.jpg
木柵の杭にとまっていたチャマダラキリガ。個体変異が多く、画像の個体は斑紋くっきりタイプ。
[PR]
by kjr_shoji | 2006-02-25 22:07 | 観察日記
<< 2006.03.04(土)晴れ 2006.02.22(水)曇り... >>